読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょうてつのこうどう

日々の生活で得た情報をあなたに

スポンサー

ペイジー(pay-easy)という決済方法のメリットはあるか

キャッシュレス生活

f:id:jyutakugyoseiku:20170112221803p:plain

 

ペイジー。pay-easyという決済方法が少しずつ広まってきております。ペイジーという聞きなれない決済方法はどんなところが優れているのでしょうか?ペイジーについての活用方法をご紹介させていただければと思います。

 

 

 

ペイジーとは

 

ペイジー(pay-easy)はネットバンキングやATMから支払いをすることができる決済サービスです。税金・公共料金・ネットショッピングの支払いを銀行窓口やコンビニに行って支払う手間が省ける事が特徴として挙げられます。

 

利用するために、会員登録は不要で支払い先の自治体や企業がペイジーと提携していればすぐにペイジーの利用ができます。

 

具体的な使用方法はネットバンク又はATMでペイジー支払いの為の番号を入力するだけで支払いが終了します。ですので「ペイジー支払いの為の番号」があるかどうかでその支払いにペイジーが利用できるのかどうかが分かる仕組みになっているのです。

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170112222036p:plain

http://www.pay-easy.jp/howto/index.htmlより)

 

 

ペイジーのメリット

 

ペイジーのメリットとしては

・金融機関窓口、コンビニに行く手間が省ける

・番号を入力するだけなので支払い先にクレジットカードの情報提供が不要で安心

・クレジットカードが無くてもネット上での支払いが可能

 

といった事が挙げられます。

 

正直私は公共料金支払いや税金支払いはコンビニで行っても並んだ事は無いのでメリットとしてはその部分は感じません。

ペイジーはそれよりも「クレジットカードを利用しなくてもネット上での支払いが可能」にメリットを感じます。

 

クレジットカードを利用する場合、確かに便利ですが「クレジットカード情報の流出リスク」「いくら使ったのかが即時には分かりにくい」というデメリットがあります。

 ですので一定数クレジットカードを利用する事(特にネット上で)を嫌う方がいると思います。そんな方にはネットバンクさえあれば自宅で料金支払いができる、というメリットがあります。

 

ただし、クレジットカード払いではポイントがついたりするためペイジーよりも得する場合が多いです。ですのでペイジーは「クレジットカード払いしたくない」人が利用するサービスとなっているのが現状です。

 

ペイジーのデメリット

 

続いてペイジーのデメリットです。

・ネットバンク利用者でないとあまりメリットが感じられない

・大手ネットバンクの「住信SBIネット銀行」「セブン銀行」が利用不可

・手数料がかかる場合がある

・コンビニATMでは利用不可

 

が挙げられます。

ネットバンク口座を持っていないと結局は銀行ATMに行かなくてはならないのでメリットである「支払いに行く手間が減る」が消える事となります。しかもかなり大手の「住信SBIネット銀行」と「セブン銀行」が利用できないのもかなり痛いです。ですので恩恵を受けられるのはメガバンクのネットバンク登録をしている方が多くなるのではないでしょうか。コンビニATMで利用できないのも痛いところです。

 

また、基本的にペイジーは手数料無料ですが、一部手数料がかかる場合があります。一度事前に手数料を確認する手間は出てきてしまうでしょう。

 

 

まとめ

 

やはりペイジーは「クレジットカード払いがしたくない人」が主なメリット享受者になると思います。正直私はキャッシュレス生活をしておりますがほとんど利用しません。それはクレジットカード払いがあるからで、やはりクレジットカード払いで良いならポイントが貯まるのでお得です。(インターネットバンキングも登録しておりますが、やはりペイジーはあまり使いません。)

 

最近では色々な決済手段が出てきておりますので最も自身に合い、得する決済手段が無いか調べてみていただくとよりスマートな生活ができるのではないかと思います!!

 

 

 
スポンサー