読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょうてつのこうどう

日々の生活で得た情報をあなたに

スポンサー

楽天edyを利用するメリット

キャッシュレス生活

f:id:jyutakugyoseiku:20170116164049p:plain

 

キャッシュレス生活をすると意外と多いのが「クレジットカードは不可」だけど「電子マネーは可」の店舗。交通系の電子マネー(JRの出している電子マネーなど)以外では「楽天edy」利用可能なお店は結構多いです。今回は「楽天edy」のお得な利用方法を解説します。

 

 

 

楽天edyとは

 

楽天edyは電子マネーでチャージした分だけ楽天edy支払い可能店で決済ができるサービスです。全国45万店の加盟店(公式HPより)がある為、現金で支払いをしたくない方やポイントを有効に貯めてお得な生活をしたい方にはオススメの電子マネーです。

 

あらかじめチャージしておいた分だけ利用することができる為、クレジットカードのように使いすぎてしまって来月の請求が多額になるようなことにはなりません。

 

チャージ方法は現金・クレジットカード・ポイントでチャージすることができます。オートチャージのできるクレジットカードを持っていれば設定金額以下にチャージ残高がなった時に設定金額分勝手にチャージされるので都度チャージする手間は省けます。めんどくさがりな方には最適なサービスと言えるでしょう。

 

楽天ポイントがつく

 

楽天edyを利用すると基本的には200円に1ポイントの楽天ポイントが付与されます。楽天ポイントは再度楽天edyにチャージすることができるのでキャッシュバックのような役割を果たします。

 

ポイントは楽天市場でも利用することができますのでネットショッピングをよく利用される方はポイントを利用してほしかったものをネットショッピングで利用するのもいいでしょう。

 

楽天edy、お財布ケータイ

 

お財布ケータイ「FeliCa」の機能がついている携帯電話であれば楽天edyアプリをダウンロードすることでカードを保持する必要が無く、携帯電話でお支払をすることができます。

 

最近ではiphone7に「FeliCa」がついた事でiphoneでも楽天edyのお財布ケータイ機能を利用することができるようになりました。お財布ケータイでも通常の楽天edyと同様のサービスが利用できるのでよりスマートな生活をすることができます。また、楽天edyはアプリをダウンロードしていれば利用履歴を携帯で見る事ができますので携帯がカードにも、家計簿にもなるいわゆるFinTechを実現していると言えるでしょう。(※FinTech=「Finance(金融)」+「Technology(技術)」)


スポンサー

 

 

楽天カードとの連携

 

f:id:jyutakugyoseiku:20170116164207p:plain

 

楽天edyという名の通り「楽天」グループとの連携は強いです。どういう事かと言いますと楽天カード(クレジットカード)と楽天edyの一体型カードを作ることができます。どちらか一つだけ現在お持ちの方も一体型に切り替える事ができます。(ポイント等は引き継ぎつつ)

 

楽天カードとの連携をすることで、オートチャージ機能を使えるようになることと楽天ポイントがチャージ分にも200円につき1ポイント貯まるので楽天ポイントが貯まりやすくなります。つまり0.5%だった還元率が1%という還元率になります。交通系電子マネーではポイントがつかなかったりすることもあるので日常のお買い物で1%の還元があるのはお得と言えるでしょう。(交通系クレジットカードではポイント還元はあります)

 

ちなみにオートチャージはファミリーマート限定でオートチャージされるサービスです。また「いつでもチャージ」というのもありますが、Famiポートの端末を利用してチャージしなくてはなりません。ですので基本的には楽天edyはファミリーマートなどでチャージするものと考えていた方がいいでしょう。クレジットカードと紐づいて勝手に加算してくれるプリペイドカードとは一線を画すものだというイメージでいた方が失敗が無いかと思います。

 

お得に使うなら

 

ここまで見てきたようにお得に利用するのであれば楽天カードと連携して楽天カードからチャージする方法が還元率が1%になるので現金でチャージするよりもお得です。お財布ケータイ機能があればエポスカードとの連携も考えられますが、無ければ楽天カードとの連携が最も還元率がいいでしょう。

 

また、楽天edyはキャンペーンをよく行っておりキャンペーン中はポイント〇倍なんてのもあります。そのようなキャンペーンを利用していけば確実に現金でお買い物をするよりもお得な生活をすることができます。

 

たとえ1%の還元率であったとしても10万円分普段現金で支払っているところをedyにすれば1000円のお得になり、1000円もタダでもらえるのであれば利用しない手はありません。(年会費等はかかりません)

 

まとめ

 

もちろん楽天edyを利用することでカードが増えてしまったりするのが嫌な方はカード枚数との妥協点を考えて利用するかしないか決めていくのが良いと思います。

 

ただ現金を使わないことにより会計の手間が省けストレス軽減になったり、数字に強くなったりすることはメリットとしてあります。是非一度キャッシュレス生活の第一歩として楽天カード、楽天edyカードを利用してみてください!

 

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!