読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょうてつのこうどう

海外やキャッシュレスで得た情報をあなたに

スポンサー

インドのチャイとトルコのチャイの比較

f:id:jyutakugyoseiku:20170324081735p:plain

 

先日トルコのイスタンブールに行ってきたのですがとても多くの「チャイ」を飲みました。というのもどこへ行ってもチャイが振舞われるからです。

しかし、チャイと言えばインドのチャイ。インドにも実際行ったことがありますがインドのチャイは「ミルクティー」でトルコのチャイは「紅茶」です。この二つの違いについてご紹介させていただければと思います!

 

 

インドとトルコのチャイ

 

まずはインドとトルコのチャイをご覧ください。

 

インドのチャイ(道端で売っていたもの)

f:id:jyutakugyoseiku:20170324074405p:plain

 

トルコのチャイ(カフェで頼んだもの)

f:id:jyutakugyoseiku:20170324074718p:plain

 
スポンサー
 

 

 見た目から既に大分違います。

お分かりいただけるようにインドはミルクティーでトルコは紅茶(ブラックティー)です。インドのチャイは最初から砂糖がたっぷり入っていて甘いのに対しトルコのチャイは基本的に砂糖は入っておりません。

 

インドの甘いチャイも、トルコの甘くないチャイもそれぞれ違う特徴がありどちらもとても美味しかったです。ちなみにインドのチャイはどこのお店に行っても生姜の味がします。インドのチャイは基本的に生姜が入っていてとても体が温まりました。

 

あと、道端で売ってるインドのチャイは普通にインスタントのチャイで作っていました!

 

チャイ

 

そもそも「チャイ」という言葉は「茶」を表すものです。ですのでインドのチャイしか知らない時は「チャイ」=「ミルクティー」かな、なんて思っておりましたがそれは少し違ったようです。

 

もともとがお茶なので発祥は諸説ありますが「中国」という説があります。そこからインドなどに伝わる過程でミルクティーになっていったのではないでしょうか。また、チャイと呼ばれる飲み物はトルコやインドだけではなく、ロシアチャイなど他の国にもあります。

 

色々な国に伝わっていく中で色々なチャイが出来上がったという事でインドとトルコの違いも文化や気候などが関係しているということだと思います。

 

値段

 

値段はどちらも安かったです。インドに行ったのが2年前なので正確な値段は分かりませんが先日(2017年3月)行ったトルコのチャイは安いお店で1杯約60円。ちょっと高級感のあるお店でも約120円程度でした。

 

というかトルコはチャイがウィンドウショッピング中にタダで飲めたりするので元値はとても安いのだと思います。

 

カップ

 

経済的な違いもあると思いますが(裕福度の違い)トルコチャイの入った湾曲したオシャレなガラスのカップに対しインドのチャイが入ったカップはプラスチックや紙など使い捨てできそうなものが多かったです。

 

最初トルコのチャイを見た時は「なんてオシャレなカップに入った飲み物なんだ!」と思いました。湾曲ガラスカップに入れるのが伝統のようです。ちなみに先ほど写真で上げたカップとソーサーはトルコの多くのお店で使われているものでよく目にしました。

 

おわりに

 

あまり「チャイ」について考えたことが無かったのですがトルコのチャイに出会ってインドのチャイとの違いを考えだしました。海外に行くとこういう些細な発見があり、そこから知的好奇心が湧いて楽しいです。是非皆さまも海外に行く事があれば些細な発見から楽しみを見出してみてください!